>>> シャンプーに関する情報が満載!

『シャンプー』 最新ツイート

シャンプーの良し悪しは洗浄成分が決め手!

シャンプーの目的は髪や頭皮の汚れを落とすことです。
ですから、成分の構成は水が約50%~70%を占め、残りのほとんどが洗浄成分で、防腐剤などの添加剤や補助的な成分は10%くらいです。
この大きな割合を占める洗浄成分は界面活性剤ですので、どのような界面活性剤が使われているかが、シャンプーの性質を決めるといっても過言ではありません。
界面活性剤には、色々種類がありますが、その内、市販品に多く用いられているのは「高級アルコール系」です。
表示名では、ラウリル硫酸〇〇、ラウレス硫酸〇〇、〇〇スルホン酸Naとなっています。
洗浄力は高く、泡立ちも良いのですが、刺激が強いという特徴があります。
「セッケン系」の界面活性剤は、アルカリ性なので高い洗浄力があり、キューティクルを開いてしまう性質があります。
「アミノ酸系」は、洗浄力は弱いですが、低刺激性で弱酸性のため髪や頭皮に優しいのが特徴で、敏感肌の方でも安心です。
表示名はココイル〇〇、ラウロイル〇〇などとなっています。
以上の3種類は、どれも陰イオン界面活性剤ですが、他に両性イオン界面活性剤を使っている製品もあります。
これは洗浄力は弱めか中程度で、弱酸性から中性の性質を持ち、刺激が弱いものが多いです。
また、「酸性せっけん系」と呼ばれるものもあり、比較的洗浄力は高く、同時に低刺激性のため、注目を集めています。

シャンプーで髪を洗う際の注意点。

頭皮や髪を洗ったりする場合、洗い方に気をつけないと頭皮や髪の毛に知らず知らずのうちにダメージを与えてしまうことがあります。
まず、シャンプーをつける前にお湯で濡らしますが、ここでサッと濡らすだけよりもじっくりと流した方が効果的です。
お湯で洗い流すことにより、汚れがこの時点でたくさん流されます。
そうするとシャンプーの量が多くなくてもしっかりと泡立ちますし、指通りもよくなる傾向があります。
次に実際にシャンプーを付けて洗います。
ツメをたててガシガシと洗う人がたまにいますが、これは髪の毛だけでなく頭皮に大きなダメージを与えることになりますので、あまりよくありません。
できるだけ指のハラで優しく丁寧にマッサージをするように洗いましょう。
洗い終わったらしっかりとお湯で洗い流します。
ここでよく洗い流さないと、後々、フケや痒みが出てくる場合がありますので注意が必要です。
ドライヤーで乾かさずに放ったらかしにすることも良くないでしょう。
髪の毛は濡れているときが弱くダメージを受けやすくなっていますので、しっかりと乾かしましょう。
ただ、ドライヤーのかけ過ぎは逆に髪の毛を痛めることになりかねませんので、ほどほどにした方が良いでしょう。
もちろんこれらの方法がすべてではありませんので、自分の体質や髪質を考慮して最適な洗い方を見つけて、髪や頭皮を大切にしましょう。

おすすめWEBサイト

検索犬種100種以上!保険料の詳細比較可能!

ペット保険 比較

ゼロオフィスは東京・大阪・神戸を中心とした仲介手数料完全無料の賃貸事務所専門検索サイトです。サービス情報料や一律定額制など例外はございません。

賃貸事務所 東京

東京中心のハウスクリーニングは、お任せ下さい! 東京23区を中心に、ハウスクリーニングを承っております。

ハウスクリーニング 東京

胡蝶蘭ギフトなら、胡蝶蘭ギフトの専門販売・通販サイト『e-胡蝶蘭.com』をご利用下さい。全国送料無料・都内なら自社便にて即日配送可能です。各種キャンペーン実施中。

胡蝶蘭 販売

孤独死の特殊清掃やゴミ屋敷のお片付けなどでお困りの方も安心料金を無料お見積り!

遺品整理 横須賀

依頼するしないに関わらずご相談は何度でも。

浮気調査 東京

ワンダフルライフでは介護用品をインターネットで購入できます☆

福祉用具レンタル さいたま市

かわいいエプロンからエレガントなエプロンまで、デザイン豊富で夢のあるエプロンが勢揃い。

エプロン

2016/6/10 更新

Copyright(C) 2015 あわあわシャンプー All rights reserved.